肩こり持ちの女性コリや痛みが強く、気持ちいいからと言って強もみは良くない?毛細血管と細胞が破壊されて、逆効果でもみ返しが来る?

強くマッサージしてもうらうのは避けたほうがいいのか。「痛気持ちいい」は良くないのか。

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

肩や首、腰がコッたりしたとき、やっぱり他人にマッサージしてもらうのは
気持ちいものですよね。

 

特に筋肉がカチカチに固まってしまって痛すぎるときには
一層強く押してもらうのが好きな人も多いはず。

お店に行ってマッサージ師に
「強くもんで下さい」
「ぐいぐいやってください」
そう頼む人もいますよね。

 

でもこれって実は体に良くないんです。
強くもむことで細胞が破壊されてしまうのです。

 

特に筋組織や毛細血管が破壊されてしまいます。
極度に強いダメージを与えられた細胞は炎症を起こしてしまいます。
それがいわゆる『もみ返し』というものです。

 

もみ返しになったら、それはやり過ぎのレベルだったということです。
「痛くしないと、もまれた気がしない」という人がいますが
それは強もみで炎症を起こす危険があるレベルなのです。

 

もみ返しの状態から破壊された細胞は修復され
体はその後回復します。

 

ですが、強もみを続けると組織はどんどん硬くなっていきます。
このとき筋肉は強くなるわけでなく、硬くなってしまうのです。

硬くなった筋肉というのは弾力を失っている状態です。
その筋肉は筋肉としての機能を果たしにくくなってしまうのです。

 

強もみは細胞を痛みつけるだけでよくありません。

本来マッサージの効果というのは
体の外部から筋肉に適度な刺激を与えて
血行を良くすることでコリをほぐし、痛みを緩和することです。

 

つまり、血行を良くするのが狙いなので
マッサージよりも運動をする方がいいです。

運動のほうが筋肉の細胞を傷つけずに
より血行をよくできます。

 

マッサージは一過性の効果しかありません。
それよりも運動をして、しっかり筋肉を付けて
コリや痛みに強いカラダをつくるべきです。

マッサージをするならその時は優しくしてもらって下さい。

 

>> 肩こりに対する湿布の効果とは?

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法