鍼灸「林修の今でしょ!講座」で東洋医学VS西洋医学というテーマで鍼灸や鍼治療の有効性が紹介されました。経絡やツボの効果とその根拠は?科学的に証明されている?東洋医学は肩こりや腰痛の改善に向いていた?西洋医学との役割分担とは?

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

 

日本人は風邪や病気になるとすぐに病院へ行き、
医者に診てもらいます。
その医療というのは西洋医学です。

 

ほとんどの日本人は西洋医学に頼っているわけです。

 

でも実際は、医学は西洋医学とは別に東洋医学もあります。
どちらも医学ですから病気などを解決するためには重要な学問です。

 

しかし、西洋医学が今主流なのは「科学的」だからでしょう。
科学は誰にも分かるように客観的な論理で説明できるので
医療技術の進歩とともにその西洋医学が発展し
非常に多くの謎と治療法が確立されて来ました。

 

その一方で、科学的根拠はありませんが
数千年に及ぶ経験の蓄積による「経験則」として発展してきた東洋医学。
これもまた近年注目されてきているわけです。

 

実はどちらが良いのか、というわけでなく
西洋医学にも東洋医学にも長所と短所があり
これからは両方のいいとこ取りをして治療するのが良いと思います。

 

特に肩こりや腰痛などの痛みを解消するのは
実は東洋医学の得意分野でもあります。

 

ツボ押しマッサージや鍼灸・鍼治療がまさにそれなのです。

 

東洋医学には経絡(けいらく)という
気や血の流れ、全身をめぐる線路のようなものがあると考えられています。

そのため、手のある部分を押せば肩こりに効いたり
足の裏のある部分を押せば、頭痛に効いたり、
つまりそれがツボというものです。

肩こりに効くツボの場所はこちら

 

ツボ押しや鍼は痛みのある部分やそこに効くツボを刺激して
治療するわけですが、
ではなぜツボを刺激すると痛みが改善するのでしょうか?

 

その仕組みは、針で狙った筋肉に小さなキズを付けることで
白血球をより多く集めることで修復力を高めていると言われています。

 

つまり鍼治療は、人間の自己治癒力を最大に引き出すことが目的で
そのためのきっかけを与えるために、小さい刺激を与えているというわけです。

 

その小さなきっかけで筋肉をやわらかくしたりして
肩こりや腰痛などの痛みを緩和します。

 

大抵痛みを感じるのは、体の何かが硬くなっています。
それをほぐすのが鍼治療の真骨頂だと思います。

 

 

ところで、ツボというのは科学的には何か根拠があるのか?
他と異なる性質があるのか?
と、これまで長い間調べられてきたようですが、

今のところ、ツボと言われれるところには
神経や血管が密集していることが分かっています。

 

なので、体は神経や血管が全身につながっているので
ツボを刺激すれば何らかの効果が離れた場所に表れると考えられます。

 

まだまだ東洋医学は科学的には追いついていませんが
徐々に解明されてきているようです。
経験則に科学が追いついていないのが東洋医学のようです。

 

ただ、科学的根拠がなくても
結果として痛みを取り除いたり、体の不都合を解決できれば
西洋医学でも東洋医学でも構わないと思います。

 

それに東洋医学にはしっかりと西洋医学にできない役割があります。
それは、副作用がないということです。

なぜなら薬を使う必要がないからです。
薬を使わずに痛みを取ったり、体調不良を解消したりできます。

 

なので、生後間もない子どもや妊婦さんなどの
強い薬を投与できない患者さんには鍼治療などは非常に有効です。

 

 

鍼治療はすべての重い病気を根本的に治療するのはできませんが
病気による苦痛を和らげることだったり、
自律神経を整えてリラックス効果を与えることに利用されています。

 

西洋医学、東洋医学はそれぞれメリット・デメリットがあるため
どちらも上手く取り入れて使いこなしていくこと、
それが一番大事なことだと思います。