セルフマッサージ肩こり、首こりの時、自分で解消するセルフマッサージで筋肉の緊張を取りましょう。痛くしない、呼吸を止めない低刺激なマッサージで血流を促進。手軽に肩や首やうでや背中をマッサージ出来る方法。

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

 

コリや痛みを取るためにマッサージを行うのは
筋肉が柔らかくなり、マッサージによって刺激された部分の血流が良くなり
老廃物が流れていくからです。

 

マッサージの方法は様々ありますが、
他人にやってもらう方法と自分で行う方法があります。
どちらもいいですが、手軽にできるのはセルフマッサージですね。

 

「今こってるな‥‥」
と思ったときにすぐできますからね。

それに自分の好みに応じたマッサージができますから便利です。

 

ただ注意しなければならないのは
マッサージによる刺激の強さです。

 

マッサージの刺激の強さには順番があり、
さする<押す<もむ<たたく
の順に強くなっていきます。

 

かなりこっているからという理由で、
強い刺激でマッサージしている人がいますが
場合によっては逆効果になることがあります。

 

刺激を強くしすぎたマッサージをしたばっかりに
筋肉や毛細血管が傷つき、
後でコリや痛みがさらにひどくなることもあります。

 

自分が思っている以上に筋肉は繊細です。
さするだけでも十分効果が見込めます。
強くマッサージしすぎないようにしてください。

 

他人にやってもらうマッサージでは
丁度いい力加減がわかりづらいので
それこそ強くなり過ぎないようにしてください。

 

マッサージは精神的なリラックス効果もあるので
さすってもらうだけでも十分なときもあります。

 

痛みを我慢しなくてはならないほどだったり、
呼吸を止めないといけないくらい刺激が強いと
ストレスを感じてしまします。

 

それによって、かえって血流が悪くなることがあるので注意が必要です。

 

それから、マッサージするときのポイントとして
体の末梢から心臓に向かって行うのが基本です。
滞っている血液を心臓に持っていくようなイメージで行いましょう。

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム