タバコタバコが健康に及ぼす悪い影響は色々です。
肺がんや喉頭がんなどのガンの心配があります。
実は肩こりにも関係します。
喫煙が血流に与える影響や骨粗しょう症などの骨に与える影響も?!

 

喫煙と血流

 

近年は禁煙ブームで、
喫煙者にとってはとても肩身の狭い思いをしているかと思います。

 

僕は気管が強いわけではないので、
そして健康には気を使っているのでタバコは吸わないですが、
喫煙者、禁煙者に限らず全ての人がタバコが人体に与える影響について
しっかり学んでおく必要があります。

 

喫煙は肺への悪影響が最も心配されますが
ここでは特に『肩こり』への影響についてお話します。

 

実は肩こりにも深く喫煙の影響はあります。

 

それはタバコを吸うと血流が悪くなるからです。

煙に含まれるニコチンは
脳から分泌されるアドレナリンの量を増やし
強いストレスを受けた時と同じ状態になります。

すると活性酸素が発生することで
血流を悪化させてしまうのです。

 

それだけでなくニコチンは血液によって
全身へめぐって血管を収縮させてしまうのです。

 

血管が収縮してしまうと
肩や首周辺の老廃物が溜まりやすく、酸素や栄養が運ばれづらくなるのです。
それがコリや痛みとして現れやすくなります。

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

 

病気のリスクUP

 

タバコによって血流が悪化し
体の機能を衰えさせることが分かっていますが
骨にも影響が出ることが分かっています。

 

実はタバコの煙は骨密度を低下させてしまう事がわかっているのです。

 

元々、喫煙する女性は閉経が早まることが知られており
そのことが骨密度の低下を早めていると考えられていました。

 

しかし最近、女性だけでなく男性が喫煙した場合も
骨密度が低下することが分かりました。

年齢や性別は関係なくタバコの煙を吸うと
骨密度が低下することが分かったのです。

 

ただ気をつけて欲しいのは
喫煙者でなくてもタバコの煙を吸ってしまう機会があるということです。

受動喫煙というものです。

 

喫煙者がそばにいる場合
タバコの先から出ている煙だったり、
喫煙者が吸って吐いた煙を吸ってしまうことがあります。

 

自分が喫煙してなくてもタバコの煙の影響を受けてしまうことがあるのです。

それを防ぐにはやはり喫煙者のマナーが必要です。
喫煙者がしっかりと喫煙場所で吸うこと。
そして禁煙者の近くで吸いたい時は
吸っていいかどうか必ず断わることです。

 

実は受動喫煙だけでも骨粗しょう症のリスクが約3倍になる
という結果もあります。

 

健康を考えるなら
やはりタバコは吸わない方がいいです。

 

今は良くても、中年や高齢になった時に身体能力に差がでたり、
ならなくても良かったかもしれないガンやその他の病気に
後悔することがあるかもしれません。

 

ご自身で判断しましょう。