サプリメントサプリメントなどの健康食品で健康を目指す人が多いですが、本当に体に効いてるのか?実はサプリメントより食生活の改善が大事?そもそも健康に良い食品なんて存在しないってホント?

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

 

巷にはサプリメントをはじめ、様々な健康食品があふれています。
きっとあなたも何らかの健康食品を食べたり飲んだりしたことが
あるかと思います。

 

CMでやってたから。
有名人が使ってたから。
大企業が売ってるから。
なんとなく効きそうだから。

 

理由は色々ですが、大抵の場合自分が健康になることを信じて
その健康食品を摂取するわけです。

 

でも、そうして利用してる健康食品で
どれくらいの効果を実感しましたか?

どれだけ健康になったか、何かが改善したのか、
そういった効果ってかなり個人的なレベルで終始してる感じがします。

 

多くの人が、世の中には”健康になる”食品があって、
それが『健康食品』だと認識しているわけですが、
ハッキリ言ってそれは間違いです。

 

実は、健康になる食品なんてものはありません。

 

誰もが健康になる食品など、この世には存在しないのです。
もし万人が健康になれる食品があれば、それは魔法です。

 

それはどういうことかというと、
まず、『健康』と『食事』というものを正しく理解しなければなりません。

 

そもそも僕ら人間が健康を維持するには
大きく分けて3つの生活習慣を正しくしている必要があります。

3つの生活習慣とは

  • 運動
  • 睡眠
  • 食事

です。

 

適度な運動と十分な睡眠、そしてバランスの取れた食事。
これらが複合的に関係しあって、僕らの健康が形作られるわけです。

 

もしもどこかが欠けてしまえば、どこかしらに不健康の症状が出るはずです。

 

そして、今回注目すべきなのは、「食事」です。

健康について食事が語られるときには、
必ず「バランス」が大事だと言われますよね。

人間が食事を取る目的は
体の機能を維持するために必要な様々な栄養を
体内に取り入れる事です。

 

その栄養というのは様々あり、
栄養素によって体への効果が異なるわけです。

あるものは血管を修復したり、血液をサラサラにしたり
別のあるものは筋肉をかたち作ったり、
別のあるものは脳を働かせることに必要だったり、

 

バラバラの役割を果たす様々な栄養素を
日々、食事でバランスよく取り入れなければなりません。

 

何かの栄養素が不足してしまえば、
当然何らかの不調を体にきたしてしまうことは
想像できるかと思います。

なので、食事で重要なことはバランスなのです。

 

ポイントはバランスなわけですから、
足りている栄養素をさらに摂取すること、
いわゆる過剰摂取は良くないわけです。

 

過剰な分がただ体外に排出されればいいのですが
それが他の栄養素と結合して、何かの栄養素を不足させてしまうこともあります。

 

つまり、「健康になるための食事」というのは
「必要な栄養素を必要な分だけ取ること」にすぎません。

余分な栄養素は健康にはつながらないのです。

 

なので、単純に健康になれると盲目的にサプリメントばかり取っている人、
健康食品ばかり取っている人は健康にはつながっていません。

自分に足りない栄養素であるサプリメント、健康食品を摂取して
はじめて健康へつながるのです。

 

実は、本当の健康食品とはバランスの取れた食事の事なのです。

 

この世には、体に良い食べ物や健康に良い食品があるわけではなく
バランスの取れた食事、必要な栄養素が取れる食生活があるだけなのです。

 

あなたが目指すのは、
普段の食事の栄養バランスをしっかり見なおして
取るべき栄養が取れる食事の習慣を作ることです。

 

安易に「サプリメントで補っておけば大丈夫」
と考えるのではなく
いつも食べている食生活を改善してみることが先なんです。

 

むしろ飲み込むだけのサプリメントより
通常のゆっくりとしっかり噛んで飲み込む食事の方が
胃腸をしっかり働かせられるし、脳も活性化します。

 

本来の食事の目的を理解して、いまの食生活を見なおしてみましょう。

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」