頸椎ヘルニア 変形性頸椎症肩こりや首こりも老化が関係する?
筋肉、関節、椎間板も老化?

椎骨や椎間板とは何か?

変形性頸椎症、頸部椎間板ヘルニアなどの病気がなぜ発症してしまうのか?
どうすればいいのか。

 

筋肉、関節、椎間板が老化する

 

肩こりや首こりと聞けば、生活習慣を改善すれば解消されるもの。
もしくはそれ以上ひどくはならないと思っていませんか?

 

実はそうでもなく、単純に年を取れば
肩こりや首こりの症状は悪化します。

 

体のあらゆる組織は20歳あたりをピークに老化し始め
その機能が低下していきます。

 

シワやシミ、白髪、肌の質感などは年を重ねると共に
老化していくことがはっきり分かります。

ですが、骨や筋肉、関節のような体の内部の老化は
目で見ることもなく、ある程度症状が悪化してから出ないと気づきません。

 

知らず知らずのうちに体の内部の老化は進行しているのです。

 

普通、年を重ねれば骨や筋肉、関節は弱まっていきます。
それにより姿勢の維持する力が低下して、歪んだ姿勢や骨格になり
運動不足などで肩や首に負担をかけやすくなります。

 

椎間板(ついかんばん)の老化は注意!

 

体の組織の老化を考える上で、特に注目すべきなのは
「椎間板(ついかんばん)」の老化です。

 

椎間板はよく「椎間板ヘルニア」などで耳にしたことがあるかもしれませんが
これがどういうものかというと

 

僕らの体を支えている背骨というものは
1本の骨でできているのではなく、
椎骨(ついこつ)という骨がいくつも積み重なってできています。

 

これによって滑らかに背骨を動かすことができるのです。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

 

この椎骨は1個1個直接積み重なっているのではなく
椎骨同士の間に水分の多い組織で弾力性のある軟骨が挟まっています。

 

これが椎間板というものです。

 

この椎間板があるおかげで
激しい背骨の動きに合わせて変形し、
椎骨にかかる衝撃を軽減してくれています。

 

もしもこの椎間板がなければ
椎骨同士が直接ぶつかり合って傷が付き、脳から腰にかけて
強い衝撃が伝わることでしょう。

 

人間にとってこの椎間板という組織は非常に重要な役割を果たしています。

 

しかし、この椎間板も若いうちは高い弾力性がありますが
加齢によって水分が失われ、そのクッションの役割が損なわれてしまいます。

 

それにより背骨が強い衝撃が軽減しきれず、
それを周辺の筋肉の働きで補おうとします。

 

このことが肩や首、背中の筋肉疲労につながり
肩こり、首こりを引き起こしてしまうのです。

 

さらに老化が進行すれば、上下の椎骨がこすれ合って
変形した部分が近くの神経を刺激することがあります。

これが「変形性頸椎症」と言われる病気です。

 

また、椎間板自体がもろくなり
椎間板の一部が飛び出し、まわりの神経を刺激し痛みを引き起こす
「頸部椎間板ヘルニア」に発展することがあります。

 

椎間板

 

老化というものは誰にも避ける事ができませんが、
老化の進行は遅らせることができます。

 

生活習慣を見なおして
いかにそれぞれの体の組織を長持ちさせることができるか
ということを考えながら生活することがポイントです。

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法