リラックス ストレス現代人が最も悩んでいるストレスの解消。肩こりなどの筋肉疲労にストレスは密接に関係しています。
音楽、アロマ、笑う、泣く、呼吸、映画、カラオケ、買い物、食べ物、グッズ、ゲーム。
どれがいいのか?

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

ストレスとのつき合い方

 

筋肉疲労によって引き起こされる肩こりは
生活の中で感じるストレスの影響を強く受けます。

 

ですから、肩こりを解消したいのであれば
ストレス解消をすることは必須になります。

 

ではそのストレスを無くせばいいわけですが
多くの場合簡単には無くせません。

それはストレスの原因が
たやすく変えることができない周りの環境や人間関係だからです。

 

仕事や家庭の環境は簡単には変えられないし
職場、家族、親戚、友達、近所付き合いの人間関係も変えるのは難しいもの。

 

そこで行き詰まってしまうわけですが
発想を変えて、ストレスを無くすのではなく
ストレスを軽減することにフォーカスしましょう。

 

周りの環境は変えにくいですが
自分は変えやすいです。

自分がストレスとうまく付き合っていくという意識でいきましょう。

 

ストレスを大きく感じる人の特徴として
何かこだわりが強すぎたり、「~でなければならない」と思いがちな人が多いです。

真面目で、几帳面で、責任感が強く完璧主義的な傾向があります。
それがもっと自分に寛容になっていくといいです。

 

多少自分を許していく、妥協することも必要です。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

 

そして、ストレス解消には考え方や意識も大事ですが、
具体的に自分が何をしたらストレスが解消できるかを知っておくことも大事です。

 

ストレスが貯まることを前提に
そのストレスを軽減できるものを持っておくこと。

 

リラックスとストレス解消法

 

ストレス解消として、まずはじめに休息を取りましょう。

睡眠時間をしっかりとり、ぐっすり眠る。
好きな音楽やα波の出る音楽を聴く。
アロマやハーブティなどの香りが良い物を嗅ぐ。
マッサージや指圧、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったりして血行を良くする。
ヨガなどで呼吸を整える。

 

それらによって
交感神経から副交感神経が優位になって
体の緊張がとれ、血流が良くなります。

 

ストレス解消の基本は休息です。

 

次に大切なことが
積極的な行動でストレスを解消することです。

それはもちろん自分の好きなことが基本です。

 

ウォーキング、水泳、ストレッチなど
激しくない有酸素運動で適度に体を動かすこと。
そして自分が夢中になれるスポーツをすることです。

ただし、心身に過酷なストレスを与えるものはダメです。

 

運動以外にも
友人、恋人など自分が好きな人とのおしゃべり、
ペットと触れ合ったり映画や読書で泣いたり笑ったり
感情を素直に表に出すことも効果的です。

 

カラオケや旅行などの趣味もいいですね。

 

おしいいものを食べたり
適度にお酒を飲んだりもいいです。

 

人それぞれストレスの解消法は違います。
自分に合った解消法を見つけて、持っておくことがベストです。

ストレスをうまく逃せる人になれれば
ストレスに強い人ということになるでしょう。

 

>> ストレスと自律神経のお話