肩こり 蒸しタオル肩こり解消のために肩周辺の筋肉を温めるセルフケアがいい?シャワーやドライヤー、蒸しタオル、使い捨てカイロなど、温熱療法に効果あり?どうやって温めればいいの?

 

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

慢性的な肩こり・首こりやその痛みの原因は
筋肉が緊張状態になって血流が滞っていることです。

 

その患部の筋肉の緊張をほぐし血流を促進させるには
患部を温めることが1つの方法です。

 

医療機関でも患部を温める治療法がありますが
当然家庭でも自分1人でも出来る治療法はあります。

 

手軽な治療法としては
入浴、蒸しタオル、シャワー、ドライヤー、使い捨てカイロなど。
肩を集中的に温められればなんでも使用できます。

 

シャワーであれば、熱めのシャワーを患部に当てます。
特に水圧が高いとマッサージ効果も期待できるのでオススメです。

 

蒸しタオルは、水に濡らして絞ったタオルをポリ袋に入れて
電子レンジで1分ほど加熱。
熱すぎないように注意して患部にタオルを当てます。

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

 

ドライヤーは温風を患部に当てますが
一箇所に集中しないようにまんべんなく当てましょう。

 

使い捨てカイロは、長時間同じ場所に当てたり
直接皮膚に当てずに注意して下さい。
低温やけどの恐れがあります。

 

いづれも適度な温度で15~30分ほど行えばいいです。
ただし、痛みが大きくなったりした場合はすぐに中止してください。
炎症を悪化させてしまう可能性があります。

 

よくある疑問で、痛みがある場合には
温めたほうがいいのか?それとも冷やしたほうがいいのか?
多くの人がわからなくなっているようです。

 

これは、まず慢性的なコリや痛みは温めることが有効です。
しかし、突発的な行動で急激な痛みがある時は
冷やすのがいいでしょう。

 

原則痛みの発生直後2~3日は冷やしてもOKです。
その後痛みが和らいできたら温めます。

冷やし続けてしまうと筋肉が緊張して血行が悪くなります。
それによって、かえって痛みや炎症が長引いてしまうことがあるのです。

 

それから、温湿布とや冷湿布などは効果があるのか
疑問に思っている人もいるかもしれませんね。

その場合はこちらをどうぞ。

>> 温湿布と冷湿布の効果はあるの?

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」