入浴肩や首、うで、背中の部分的なコリも入浴で血流を良くすることで解消できる?全身の血行を良くする重要性。入浴剤やアロマオイルで楽しみながら入浴。リラックス効果も期待できる?!筋肉もほぐせる?ぬるめのお湯がいい?それとも熱めのお湯?

 

 

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

ぬるめのお湯 VS 熱めのお湯

 

肩こりや首こりの症状がでたときに
コリをほぐしてもらうのに普通は誰かに揉んでもらったりすると思いますが、
実は多くの人が間違っている事があります。

 

それは、肩だけ揉んでしまう、首だけも揉んでしまう、
ということです。

肩がこっているからと肩だけをもんでも
あまり解消の効果がありません。
それはなぜかというと、

 

そもそも肩こりの時、肩をもむとコリや痛みがやわらぐのは
その部分の血流が滞っていたのが解消されるからです。

 

しかし、そのときに肩だけもんでいては効果が小さいのです。
血流は肩だけで回っているわけではありません。
血液は血管を通って全身を常に巡っているわけです。

 

なので、根本的に血行を良くしたいのであれば
全身を良くもんで、血液をしっかり循環させていくほうが
肩こりの解消には効果的なのです。

 

肩とは関係ないところもよくマッサージするといいでしょう。

 

そして、全身マッサージもいいのですが
全身の血行を簡単に良くする方法として『入浴』があります。

 

入浴することで全身が温まり、血流が良くなるのです。
温まればカラダの老廃物が排出されるだけでなく
精神的なストレスによる血行障害も改善できます。

 

ストレスを解消しリラックスできる方法として
自分の好きな香りの入浴剤を入れたり、アロマオイルを入れたり、
好きな音楽を聴いたり、ムードのある照明を付けたりと、
色々な工夫をして楽しめます。

 

38~40度のぬるめのお湯にゆっくり浸かるといいです。
体の深部まで十分に温まりましょう。

逆にお湯が熱すぎると
その刺激によって抹消の血管が収縮してしまい
かえって血行が悪くなってしまいます。

 

基本的にはぬるま湯に入りましょう。

 

効果的な温冷交代浴

 

ぬるめのお湯に入っているだけでもいいですが、
さらに効果的に体を温める方法があります。
それが『温冷交代浴』です。

 

これはお湯に浸かることと、冷水のシャワーを浴びることを
交互に繰り返す入浴法です。

 

方法としては、

①はじめは40~42度のお湯に約10分浸かります。
②その後、冷水シャワーを30秒間当てます。
③終わったら今度はまたお湯に3分間浸かります。

そしてまた冷水シャワーを浴びます。
その後は②と③を交互に繰り返します。

 

なぜこのような方法を行うかというと

血管は温まると拡張し、冷えると収縮します。
この原理を使って、より心臓から送り出される血液の勢いを増し、
全身の血液の循環がよくなるわけです。

 

特に血流を良くしたい部位に冷水を重点的にかけるといいです。

 

ただしこの方法には注意があります。
温度差を体に与えるため、血圧の高めな人や心臓に疾患がある人は
危険が伴うので控えて下さい。
動悸を感じた場合も中止して下さい。

 

>> 本気で肩こり・首こり解消法を学びたいならこちら

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム