cmanjp_20140423174553
筋肉疲労によって肩こりスパイラルに陥る?

止まらない肩こりの連鎖を断ち切るにはどうすればいいのか。

血流や老廃物が関係する肩こりの仕組み。

 

肩こりのスタート

 

「肩こりっていつはじまるの?」
と思った事があるかもしれません。

 

っと言うか、「肩こりってそもそも何が起こってるの?」
そんな疑問に答えてみようと思います。

 

肩こりの仕組みはどうなっているのかは
肩こりを感じた時がどんな時かを思い出してみてください。

 

多くの場合は、長時間イスに座って机に向かっている時や
車を運転している時など、
肩や肩の周辺の筋肉を動かさず、じっとしている時のはずです。

このとき肩や肩の周辺の筋肉が緊張し、膨張し、血管を圧迫しています。
それによりその部分の血流が悪くなっているのです。

 

そもそも僕らの体は筋肉があり、それが伸びたり縮んだりを繰り返すことで
骨や関節を支えて、運動したり、姿勢を保ったりできています。

 

筋肉というのは血液が正常に流れていることでうまく働いてくれます。
筋肉は動かさないと血流も悪くなるので、
弱い筋肉や動かさない筋肉には疲労が溜まりやすくなっています。

 

筋肉というのは使いすぎても疲労するし、
動かさなすぎても疲労します。

 

特に悪い姿勢を長時間保っていると筋肉は疲労してしまうのです。
つまり血流が悪くなるということです。

 

筋肉と血流の関係は密接で、
筋肉が疲労すれば血流が悪くなり、
血流が悪くなれば筋肉が疲労します。

 

血液は筋肉が正しく働くために必要な酸素を供給しているわけです。

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

 

しかし、血管が圧迫されると血流が滞り筋肉に必要な酸素が
十分に供給されなくなってしまいます。

 

すると筋肉中では本来エネルギーに変わるはずだったブドウ糖が
不完全燃焼を起こして老廃物を生み出してしまうのです。

この老廃物が近くの末梢神経をチクチクと刺激して
僕らが感じるコリや痛みとして現れるのです。

 

 

これが肩こりの仕組みですが、
これで終わりではないのが肩こりの厄介な性質です。

 

負の連鎖 肩こりスパイラル

 

筋肉の緊張が最終的に末梢神経の刺激につながり
肩こりになるということは分かりました。

 

しかし、問題なのは
脳が痛みを感じると交感神経が緊張します。
すると筋肉は反射的に緊張し、元々緊張していた筋肉をさらに緊張させてしまうのです。

 

さらに緊張した筋肉はさらなる血流の悪化を招き、
老廃物がいっそう溜まってしまいます。
すると、ますます末梢神経を刺激しコリや痛みを強くしてしまいます。

 

その痛みがまた交感神経を緊張させ‥‥‥

 

と、終わりのない痛みのサイクルにはまってしまうのです。

 

この肩こりスパイラルという悪循環
世間の肩こり患者の改善を妨げている要因でもあります。

 

簡単には肩こり・首こりは改善や解消はできないということです。
あなたの肩こりの根本的な原因を理解して、
的確な改善法を実践することが重要なのです。

 

肩こりスパイラルを整理すると

長時間の悪い姿勢や運動不足によって

  1. 筋肉の緊張
  2. 筋肉疲労による血管の圧迫
  3. 血行不良により老廃物が生成
  4. 溜まった老廃物が神経を刺激
  5. 刺激により脳が痛みを感じる
  6. 1.へ戻る

 

1→2→3→4→5→6→1→2→‥‥
を続けていくことになります。

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」