肩甲骨回し肩こりの原因は筋肉疲労。筋肉疲労は筋肉を使ってないから起こる?肩こり改善は肩の筋肉を使えばいい?肩甲骨をぐるぐる回せばいいの?簡単な肩こり解消法は?

 

 

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

 

肩こりの原因は筋肉疲労ですが、
その筋肉疲労のなり方にも2種類あります。

 

1つは疲労というわけですから
運動やスポーツをしすぎて筋肉を酷使したために疲労すること。
これは想像できますね。

 

そして2つ目が
筋肉を使わなさすぎて疲労することです。

どういうこと?
と思うかもしれません。

 

運動不足だったり、ずっと同じ姿勢をとっていたりすると
筋肉は疲労してしまうのです。

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

 

これはどういうことかというと
筋肉疲労というのが筋肉に十分酸素や栄養が届かず
筋肉が本来の働きができない状態を意味します。

 

なので、運動不足などで筋肉周辺の血流が滞ることでも
筋肉疲労になるのです。

 

筋肉疲労を起こさないためには血流がよくなる必要があります。
血流を良くするにはその筋肉を動かすことで行えます。

軽い運動でもある程度はコリや痛みが解消されます。

 

そこで、肩こり解消にオススメなのが肩甲骨を回すことです。

実は肩甲骨というのは非常に多くの筋肉と影響していて
肩甲骨を動かすだけでも多くの筋肉を使うので
その分周辺の筋肉の血流を良くすることができます。

 

では、どのように肩甲骨を回すのかというと
左手は左肩を、右手は右肩をつまむように
両肘を突き出す感じにします。

 

そして、その両肘でそれぞれ円を描くように回します。
すると広い範囲で肩甲骨を動かすことができ
肩周辺の血流を効率的に促進することができます。

 

これは道具も広いスペースもいらず
気がついた時ならどこでもできるかと思います。

 

長時間のデスクワークなどで肩が疲れた時には
すぐにできるので、肩こり改善法としておすすめです。