胸が痛い肩こりの原因となる病気や症状は様々。五十肩・四十肩・変形性頸椎症・椎間板ヘルニア・むち打ち症・うつ病・気胸・肺気腫・肺がん・心筋梗塞・狭心症・高血圧・貧血・胆石・胆嚢炎・脊椎カリエス・慢性関節リウマチ‥‥

命にかかわる病気も。

 

肩こりは運動不足だからとか、姿勢が悪いからだとかで
本当にそういった理由であれば、
特に急いで改善しなくてはならない状況ではありません。

 

通常肩こりは筋肉疲労による血行不良から起こることがほとんどだからです。

 

しかし、肩こりの症状を持っている方の中には
命にかかわる病気が原因の場合もあるのです。

 

筋肉疲労が原因ではない他の原因は
大きく分けると2種類です。
背中の組織に異常がある場合と、内科的な病気である場合です。

 

どちらも放っておけば、
取り返しの付かない状態になる可能性があります。

 

普通の慢性的な肩こりと異なる点があったら
病気を疑ってみることも大切です。

 

では、背中の組織に異常がある場合というのは、どのようなことでしょうか。

 

原因の多くは老化や椎骨、椎間板、靭帯、筋肉などが
変性してしまうことです。

 

特に首が原因になることが多く、
首は常に頭部の重さがのしかかり、動きやすいよう可動域も広いので
負担が大きく、問題になりやすいのです。

 

頸椎の病気としては
変形性頚椎ヘルニア、頸部椎間板ヘルニア、むち打ち症などがあり、
肩の病気としては
五十肩、四十肩、肩関節の腱鞘炎、脱臼などが挙げられます。

 

これらは整形外科の治療になります。

それ以外には内科や心療内科的疾患が原因の場合で
胆石、胆嚢炎、心筋梗塞、狭心症、高血圧症、
肺がん、肺気腫、気胸、心身症、うつ病などです。

 

腹部の病気、循環器の病気、呼吸器の病気、心因性の病気など
様々な病気が原因の可能性としてあって、
コリや痛みが出ることがあるのです。

 

例えば、心臓に関係した原因の場合、左肩だけ肩がこる症状がでることもあります。
ちょっとした症状の違いに気づくことが大切です。

 

整形外科で異常がなかったら、内科や心療内科も受診してみてください。
万が一見逃していたら、後々大変な事態になりえます。

安易に「ただの肩こりだから」という理由で
症状を軽く見ないことが重要なのです。

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」