漢方薬 冷え性風邪や冷え性、アトピーには東洋医学がおすすめ?風邪、冷え性、アトピーに有効な漢方薬の種類とは?漢方って保険適用なの?葛根湯(かっこんとう)、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅしょうきょうとう)、温清飲(うんせいいん)とは?

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

 

漢方薬。

それは膨大な経験の蓄積に上に成り立った医学で
約1800年前から長きに渡って日本で使われてきました。

 

現在の西洋医学中心の病院でも
漢方薬が処方されます。

実は漢方薬の約150種類は保険適用になっているので
漢方薬は公的に認められているわけです。

 

なので、漢方薬はなぜそれに効果があるのか
理由が不明な部分が多いため
「胡散臭い」と思われる方も多いですが、

かなり長い歴史を背負っていて医者も処方するわけなので
健康のためには漢方薬を上手に使いこなす方が良いと思います。

 

西洋医学と東洋医学の大きな捉え方の違いとして
西洋医学は引き算の医学、東洋医学は足し算の医学と言えるそうです。

西洋医学は体のどの部分にどのようにどのくらい効果があるのか
どの1つの成分が影響しているのか、
科学的、分析的に1つに絞っていく医学です。

本質ではない成分を除外して
効果のある1つの成分をつきとめる、という意味で
引き算の医学なのです。

 

一方、東洋医学の漢方薬は
自然の薬効のある植物や動物や石などの組み合わせであり
1つ1つの効き目は小さいために
足しあわせてより効果の高い薬をつくります。

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

組み合わせによって発展した医学なので
足し算の医学と呼べるのです。

 

そんな漢方薬ですが
風邪、冷え性、アトピーの改善には
漢方薬が適しているそうです。

 

ちなみに冷え性なんかは、西洋医学には「冷え性」という言葉も登場しないそうです。
なので、西洋医学しか学んでない医者は
「冷え性」について治せないことになるのです。

 

冷え性に効く漢方は
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅしょうきょうとう)
という、名前が長過ぎるものなんですが、
新陳代謝、発汗が促され、手足の末端を温めてくれます。

 

そして、風邪に効く漢方ですが
有名な葛根湯(かっこんとう)です。

風邪は体を温めて、ウイルスを自分の力で治すしかありません。
なので、発汗作用のある葛根湯が有効です。

 

また、アトピー性皮膚炎には
温清飲(うんせいいん)という漢方が効きます。

 

漢方薬のメリットとしては副作用がほぼないということです。

種類によっては、あまりにも大量に摂取すると
体に悪影響を及ぼす事がありますが、
それは食べ物を食べて調子が悪くなるレベルと同じ程度です。

 

「もしかしたら風邪を引いたかもしれない」
と感じたら、とりあえず漢方を飲んでおいたほうが良いようです。

たとえ風邪ではなかったとしても問題ないのです。

 

そのぐらい軽い気持ちで漢方を使用してもいいのです。
自分に必要な漢方薬を積極的に利用して
より健康的な生活を目指して欲しいと思います。