ヒョウモンダコ猛毒を持つ小型のタコ「ヒョウモンダコ」が日本の各地で見つかっています。噛まれれば体の麻痺、呼吸困難、最悪死亡に至ることも。ヒョウモンダコの生態は?発見したらどうするの?分布は?食べるの?味は?

 

 

 

夏だ!海だ!海水浴だ!
と夏を満喫するのはいいですが、
海水浴には命の危険がいつも潜んでいます。

 

海で溺れることももちろん危険ですが
海の生きものには気をつけなければなりません。

 

有名なのはクラゲですね。
クラゲに刺されて水ぶくれだったり
体の自由が利かなくなって溺れてしまったり。

 

ですが、近年日本で危険視されてるのがタコです。

え?タコ?
と疑問に思いますが、
タコにも様々あって、猛毒を持つタコがいるのです。

 

それがヒョウモンダコです。

 

体長は10cm程度で小さいですが、人間を殺してしまうほどの毒を持ってます。
フグと同じデトロドトキシンという強烈な神経毒を持っていて
青酸カリの850倍~1000倍と言われています。

 

ヒョウモンダコに噛まれると
筋肉や呼吸器系の機能を奪われます。

体が麻痺し呼吸が困難になり
最悪死に至ってしまいます。

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

 

しかも厄介なのが
噛まれても痛みを感じないので
噛まれてからある程度時間が経ったあとで気づくことになり
処置が遅れてしまうのです。

 

ヒョウモンダコは岩場を好んで生息しているので
海水浴場で遭遇することはめったにないと思いますが

近年地球温暖化の影響で日本全国の海岸で発見されていて
生息地が広がっているようです。

 

ヒョウモンダコが今のところ発見されてるのは
大阪湾や三重県、熊本県、千葉県、島根県の海岸です。

 

タコだからと油断はしないで下さい。

 

ヒョウモンダコは敵に威嚇する時はヒョウ柄のような毒々しい模様になりますが
普段は薄い模様をしているので、
別のタコと勘違いして触らないように注意して下さい。

 

とにかくヒョウモンダコを発見したら近づかない
触らないことです。

かわいいタコだと思って噛まれたら
大変な事になりますから。

 

それから、「タコ」と聞いて食べれるのか知りたい人もいるみたいですが
神経毒のある唾液腺を取り除けばそれ以外は食べられるらしいです。

味は普通のタコの味なので
食べようと思えば食べられるでしょう。

 

しかし、わざわざ猛毒の小さいタコを食べる必要はないでしょう。
普通の食用のタコを食べてください。

間違って毒が体内に入ったら大変です。

 

夏に海水浴場や岩場に行く予定のある人は
ヒョウモンダコの存在を頭の片隅に置いておいて下さい。

 

自分の命は自分で守りましょうね。