冷房 冷え性夏こそ気をつけなければいけない冷え性・肩こり・頭痛。原因は冷房?血流が悪くなったり、内臓機能にまで影響する冷房病・クーラー病。外気との寒暖差で自律神経失調症に?冷房とのうまいつき合い方、対策は?

 

 

 

 

夏になると家庭や職場で、暑いからと冷房がついていますが
とても快適に過ごせているのならいいですよね。

 

涼しくて気持ちよく感じる温度や風量ならいいですが
必ずしもそうではないですよね。

人によって快適に過ごせる室温が異なるので
みんなそれぞれ暑かったり、寒かったり感じているはずです。

 

ただ、何のストレスなく作業ができるのならいいんですが、
冷房が効きすぎて寒いために
肩こりや頭痛を引き起こしたり、
体が冷えてしまう、いわゆる冷え性になってしまうことがあります。

 

夏に、外は暑いのに室内は涼しいので
その寒暖の差で体調不良や自律神経をおかしくしてしまう方も
めずらしくありません。
なるべく外気と室内の温度の差は小さくしておきましょう。

 

冷房による冷えによって、肩こりや頭痛の他に
腰痛や足のむくみ、痛み、しびれが起こったりします。

その場合は冷えによって
下半身の血行不良が起こっています。

 

さらに疲労感や全身倦怠感、
下痢、便秘、食欲減退なども起こったりします。

その場合は内蔵まで冷えてしまい、
内臓機能の低下を引き起こしている可能性があります。

【荒木式】高血圧改善プログラム~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法

 

そういった症状の場合には改善策として
何らかの方法で体を温めることです。

 

おすすめはぬるめのお湯(38度程度)にゆっくり浸かります。
体の内側も外側も温めるように、
そしてリラックスするようにして下さい。

 

 

意外と冬よりも夏のほうが室内の防寒対策を
しっかり整える必要があるかと思います。

 

そもそも「冷え」によってなぜ健康を害してしまうのかというと

体が冷えることで血流が滞るからです。
いわゆる血行不良が原因なのです。

 

そしてこの血行不良が肩こり、頭痛などの引き起こします。
肩こりが血行不良を原因に起こることは以前お話ししました。

 

夏に冷房の効いた室内での冷え対策としては
まず、冷房が直接当たらないように風向を設定すること。
そして、上着やひざ掛けで全身を冷えから守りましょう。

 

特に女性は夏の服装が男性よりも薄着なので
冷房による冷えを引き起こしやすいし
元々、男性より女性は筋肉量が少ないため
体で熱を作りにくいのです。

 

そういった理由から
自分の体が冷えないように対策を講じなければいけません。

 

できることなら冷房の温度は下げすぎないことです。
なるべく外気との気温差を小さくしておくことです。

 

夏こそ防寒対策に取り組んでほしいと思います。
「暑さ」「寒さ」というのは思っているよりもストレスになります。
大きな症状になる前に改善しましょう。

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム