五十肩中年になり痛みを伴って発症するのが五十肩・四十肩です。なぜどのように五十肩・四十肩になってしまうのか。主な症状や治療法はあるのか。老化が原因?筋肉や関節の問題?腱板断裂の場合も。

 

 

 

40~60代の人、特に50代の人によく起こる肩関節の病気、
それが五十肩(四十肩)です。

正式名称は「肩関節周囲炎」というそうです。

 

五十肩になると腕が上がらなくなり、痛みがでることで知られてますが、
この五十肩は一体からだで何が起こっているかというと
肩関節のまわりの組織で炎症が起こっているのです。

 

五十肩の発症ははじめは肩の違和感から始まって
だんだんと痛みが強くなってきます。
そして突然激痛を感じる時が来て
肩を動かせなくなる場合が多いです。

 

たいていが左右どちらかの肩に起こり
たまに両肩に出ることもあります。

 

痛みは自然に治まってきますが
完全に治るまでは1年~1年半はかかってしまいます。

 

関節に炎症が出ているわけですが
そもそも関節というのは軟骨や靭帯、筋肉との結合部である腱が
連動して働いている部分です。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

 

それぞれの組織は歳とともに硬くなってしまい
血流が悪くなります。

 

血流が悪くなれば、組織の活動に必要な酸素や栄養が十分に運ばれず
組織はもろくなっていき、少しの刺激で炎症や損傷をしてしまいます。

 

それが肩関節周辺で起これば「五十肩」と呼ばれるわけです。

 

特に炎症を起こしやすいのが
肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩甲上腕関節と肩峰下関節周辺です。

 

名前はややこしいので知らなくてもいいですが
要するに骨の繋ぎ目が炎症を起こしやすいことを覚えておいて下さい。

 

それは、腕が自由に動かせるように
そもそも骨がしっかりくっついていないからなのです。
その代わりに腕が脱臼しないように
様々な筋肉でつないでいるのです。

 

人体の構造上、ある程度仕方のない事なんです。

 

肩関節はかなり複雑に筋肉が付いています。
そこでその筋肉が加齢によって衰えれば
何らかの刺激で悲鳴をあげてしまう、
ということが五十肩のメカニズムなんです。

 

五十肩は自然治癒が可能ですが、
この五十肩と似た症状の病気があります。
それが「腱板断裂」です。

 

この腱板断裂は60歳以上に多く発症するので
五十肩と間違えてしまうこともあるのですが、
腱板断裂は放っておいても治りません。

 

症状が大きければ手術をしなければならない場合もあります。
病気を認識し間違えないようにしましょう。

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム