ホットアイマスク肩と目は深いつながりがある。肩こりと眼精疲労、どちらもよく悩まされる体の苦痛。目を温めるホットアイマスクで眼精疲労を改善?肩こりも治る?

 

 

2ヶ月間 うつ病改善プログラム

 

肩こりと眼精疲労は現代人の悩みとしてよく聞きます。
肩と目の疲労は生活習慣上溜まってしまいがちです。

 

肩こりは家事や育児、仕事などで
長時間偏った肩の筋肉の使い方をしたり
じっとしていることも多いために起こりがちです。

そして眼精疲労は、テレビやパソコン、スマホ、タブレットなど
電子画面を見る時間がますます長くなっているために
目を酷使させてしまって起こります。

 

これでは肩も目も疲れてしまって当然です。

 

実際に僕もそれを実感しています。

仕事柄パソコンを常に使っているので
肩と目はやっぱり最初に疲労を感じます。

 

おそらく多くの人が今後
肩と目の苦痛に悩むことが多くなるかと思います。

そこでしっかりとその痛みの改善策を持っておくことで
さらなる体の不調に至らないようにしましょう。

 

特に今回は眼精疲労の改善に着目してみます。

実は眼精疲労による肩こりは非常に多くて
眼精疲労の改善だけでも肩こりの改善につながります。

 

なので、眼精疲労の具体的な改善法を学びましょう。

 

そこでオススメなのが
ホットアイマスクです。

 

ホットアイマスクにも2種類あって
あずきが入っていて電子レンジで数十秒温めて使用するものと
袋から開封すると発熱して使用する使い捨てのものがあります。

 

どちらも便利で
電子レンジで温める方は何度も温めて使えて便利ですが
電子レンジがないと使えないので外出先で使えないこともあります。

 

一方、使い捨てタイプは1回きりしか使えませんが
袋を開ければすぐにどこでも使えるので便利です。

しかもローズやラベンダーなどの香り付きもあって
蒸気も出て気持ちよく、とてもリラックスできます。

 

目の周辺が温まって、とてもよく疲労が緩和されます。
それによって肩こりも改善するのを実感してます。

 

作業と作業の休憩中でもいいですし
夜眠る前にホットアイマスクをしながら眠ると
気持ちよく眠りにつけます。

 

目というのは体の部位として非常に柔らかくデリケートで
しかもそれが骨などに覆われているわけでなく、体の外側に出ているので
健康を維持する上ではしっかり労っていく必要があります。

 

目は脳へも近く、その脳への影響も大きいです。
視覚は頭痛などに関係することもあります。

 

肩こりに悩んでる方は眼精疲労のケアを忘れずに行いましょう。

 

体は色んな臓器や部位が複合的に関係しあって
1つの健康な肉体を維持しています。

色んな角度から、症状の苦痛を改善するアプローチをするということを
心がけましょう。

>>眼精疲労と噛み合わせで肩こりになる?

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」